株式会社ニチベイ 海老原 弘一様

2019.12.24

HR OnBoardをきっかけに退職者の本音をキャッチ!採用~入社後のPDCAを回して、ミスマッチの少ない採用へつなげる。

株式会社ニチベイ

インテリア業界/従業員数:800名

海老原 弘一様

TOPICS

  • 本音を把握できないまま社員が退職する現状に、歯止めをかけたかった
  • アンケート回答後は全員と10-15分の面談を実施
  • 入社後のフォローで得られた知見を、採用活動で有効活用

株式会社ニチベイは、ブラインドと間仕切りの総合メーカー。誰もが快適に過ごせる理想空間「ヒューマン・スペース」の創造を目指し、商品づくりを行っています。

同社ではこの数年、退職する新入社員の退職理由が把握できないという悩みがありました。入社者の本音を聞くことができない課題に対して、どのような取り組みを行なったのか。同社総務部の海老原さんにお話を伺いました。

本音を把握できないまま社員が退職する現状に、歯止めをかけたかった

どのような背景からHR OnBoardを導入されたのでしょうか

海老原さん:これまで総務が退職の情報を知るのは、新入社員が退職届を書いて上司の受理が終わった後でした。そうした状況だったので、何も手の打ちようがありませんでした。「総務で何か離職防止に歯止めをかけられないか」というときに、HR OnBoardの提案を受けました。

離職防止が課題としてあったということですが、何かきっかけはあったのでしょうか

海老原さん:ある部署では毎年新入社員が配属になるものの、毎年数名辞めていく傾向がありました。そこに歯止めをかけたかったことと、どうして辞めたのか社員の本音を聞きたいと思っていました。

アンケート回答後は全員と10-15分の面談を実施

入社者のアンケート回答後はどのように対応されていますか?

海老原さん:最初はどういう対応をしようかと、悩みました。部内で話し合って決めたのは、回答をもらった全メンバーと10-15分の面談を行うこと。本社にいる社員とは直接対面で、遠方配属の社員とはビデオ通話を通じて行いました。回答してもらった3問のアンケートに関して、どういう気持ちで回答したのかを話しています。

顔が見えると安心しますね

海老原さん:そうですね。電話口だとなかなか表情がわからず、その人が困っているのか悩んでいるのかが分からないこともあります。結果が晴・曇・雨にかかわらず、まずは全員と話すことを始めました。システム上は雨や曇りでも面談すると問題ない場合もあります。

それから、フリーコメントについては、注意深く見るようにしています。「特になし」と回答する社員もいますが、何かしらコメントをする社員が多いので、深堀をして聞くようにしています。できるだけ本音を言いやすい環境を整えてあげることが必要だと感じています。

面談後の記録ですが、「面談した日にち」「面談の手段」に加えて、「仕事」「職場」「健康」など、チェック項目を設けてどうだったかを○×△でつけるようにしています。仕事で悩みのある人は、次回の面談でフォローできるようにしています。

株式会社ニチベイ 海老原 弘一様

入社後のフォローで得られた知見を、採用活動で有効活用

途中段階ではあると思いますが、導入によって得られた定量的な成果はありますでしょうか

海老原さん:残念ながら1名は退職してしまいましたが、HR OnBoardを導入することによって、退職した人の本音を聞くことができました。今までなら分からなかった退職理由を把握できたことは、当社にとってとても価値が高いことだと考えています。

把握した情報はどのように活用できそうでしょうか

海老原さん:話を聞いてみると、仕事内容が本人にとって想像以上にギャップがあったようで。今までも仕事内容はしっかり伝えていたつもりですが、今後は良い面も悪い面も含めてさらに詳しく説明して、入社後のギャップを減らそうと考えています。さっそく今年の採用活動から取り組み始めています。

海老原さん自身が採用も入社後のフォローもご担当されているので、うまくPDCAを回しているのですね。

海老原さん:そうですね。それはすごく実感できています。入社前・入社後の両方を担当しているからこそ、入社後のフォローから得られたことを採用活動にうまく活かせているのかな、と感じています。

株式会社ニチベイ 海老原 弘一様

最後にHR OnBoardをまだ導入していない企業の方に、一言お願いします

海老原さん:一番実感するメリットは、入社者の状態を晴・曇・雨で可視化できてわかりやすいこと。その結果をもとに、対策も打ちやすいと思っています。

10年前と比べて、いまの新入社員の悩んでいること、仕事に対する意欲が変わってきていると思います。HR OnBoardをはじめてまだ一年目なので、試行錯誤しながら活用していきたいと思います。

株式会社ニチベイ 海老原 弘一様

海老原さん、本日はありがとうございました!